fbpx
  • モデルハウス来場予約
  • お問い合わせ

DOUBLE INSLATION
ダブル断熱

ダブル断熱と内断熱の比較

オーパススタイルの家は、建物の外側に断熱材を施工する外断熱と、壁内に断熱材セルロースファイバーを施工する内断熱の2つの断熱材を使用する「ダブル断熱」の工法を採用しています。ダブル断熱は、一般的な工法に比べて手間やコストがかかるというデメリットがありますが、お客様に永く健康で暮らせる快適な家に住んでいただきたいと考え、オーパススタイルでは外断熱+内断熱セルロースファイバーのダブル断熱を標準仕様にしています。

建物の寿命に影響を与える
「断熱」について

家の寿命の違いは断熱
日本の住宅の寿命は22年から30年程度と言われています。それに対して欧米の住宅の寿命は40年から100年と言われています。この大きな違いはどこから生まれるのでしょうか?
その答えは「断熱」です。
内部結露が発生

外断熱と内断熱の
メリット・デメリット

外断熱とは建物を外側から覆うように断熱材を施行する方法で、内断熱とは柱と柱の間に断熱材などを入れる方法を言います。

外断熱のメリット・デメリット

メリット 1.断熱材が途切れないので熱損失が少ない
2.気密性が高まる
3.結露が起きにくく、柱などがいたみにくい外断熱
デメ
リット
1.コストが高い
2.外装材の種類が限定される

内断熱のメリット・デメリット

メリット 1.断熱材が途切れないので熱損失が少ない
2.気密性が高まる
3.結露が起きにくく、柱などがいたみにくい外断熱
デメ
リット
1.断熱材の間に隙間ができやすく、内部結露が起こりやすい
2.柱などの構造体には施行できないため、その部分からの熱損失が起こりやすい

このように外断熱と内断熱はメリットとデメリットを併せ持っています。
そこオーパススタイルでは両方の断熱のメリットを併せ持った「ダブル断熱」を開発しました。

2つの断熱材のメリットを併せ持つ
「ダブル断熱」

断熱材と外断熱材
オーパススタイルのダブル断熱は外断熱にフォルテウォール(ビーズ法ポリスチレンフォーム)、内断熱にファイバーエース(セルロースファイバー)を合わせた2重の断熱工法です。外断熱に使うフォルテウォールは雨水は通さず、水蒸気は通すという特殊な素材です。内断熱のファイバーエースは新聞紙を原料としたリサイクル製品で、一般的に使われる内断熱材よりも品質に優れかつ格段に少ないエネルギーで製造が可能な、地球の将来を考えたエコロジーな断熱材です。
ダブル断熱は、厳しい基準をクリアすることで国土交通省の認定を受けており、安全・安心であるということが証明されています。

ダブル断熱の特徴

1.高い調湿効果で結露を防止します。

ファイバーエース断熱材
木道住宅の大敵「結露」を防止して住宅寿命を延ばします。結露は室内と室外の温度差によって発生します。ダブル断熱はフォルテウォールとファイバーエースの断熱性能で室内外の温度差を少なくし結露の発生を抑えます。また、ファイバーエースは新聞紙を原材料とした木質繊維のため、湿気を吸ったりはいたりする調湿効果を発揮。建物は常に快適な湿度に保つとともに内部結露の軽減にもつながります。

2.防音効果

騒音を吸音
内断熱として使用するファイバーエース(セルロースファイバー)は壁の中にパンパンに吹き込みます。
ファイバーエースはそれ自体に多数の微細な穴があり(多孔性)、吸音効果があります。さらに、高密度(グラスウールの3~4倍)に隙間なく充填することにより、壁の中には音を伝える役割を持つ空気がほとんど存在しない状態になるので、室内外からの騒音が伝わりにくくなります。セルロースファイバーは、アメリカでは空港周辺の防音材
として使用されるほど 優れた防音効果があります。また、オーパススタイルではセルロースを使った遮音構造で、国内で初めて国土交通省から認定(界壁の遮音認定)を受けています。

3.難燃性

難燃性
ファイバーエースの原料は新聞リサイクルということで、燃えやすいように思われますが、成分にホウ素系薬剤が含まれるため、延焼しにくい性能になっています。ホウ素系薬剤は燃え広がらない性質を持っているため、様々な寺院仏閣などでも使用されており、人体や環境に影響のない薬剤となっています。オーパスのファイバーエースは一般に普及しているセルロースファイバーの4倍以上もこのホウ素系薬剤を含んでいます。

4.耐久性

フォルテウォールは弾性に優れ、塗り壁のひび割れや剥離を防ぎます。そのためメンテナンスが大幅に軽減され、メンテナンスのコストを抑えることができます。その高い柔軟性により曲面やアール形状の施工が可能となり、家のデザインの幅が広がります。

5.防虫効果

ファイバーエースにはゴキブリ駆除で有名な
ホウ酸団子に似た成分(ホウ素系薬剤)が含まれるため、ゴキブリ、カビ、ダニ、虫類、ネズミ等を寄せ付けにくくします。ホウ酸は眼科における殺菌洗眼にも使用される人体・環境に安全な薬剤です。

6.安全性

フォルテボードは燃焼を継続しない性質を持ち安全性が高くなっています。内断熱のセルロースファイバーの防火性と合わせるとさらに高い効果を発揮します。この安全性については国土交通省の認定を受けています。

7.省エネ

光熱費が年間8.7万円もお得
ダブル断熱の優れた断熱性能により冷暖房費が軽減されます。その効果は年間で約8.7万円にもなります。ダブル断熱は一般的な工法よりも手間やコストはかかるが「長く、健康的な家に住むことができる」という何物にも変えがたいメリットがあります。またダブル断熱の工法は国土交通省の防火認定を受けており、ダブル断熱の工法を採用した建物は火災保険でも最大約50%割引の特典もあります。
(※1)当社調べ、建物面積や性能などほぼ同条件に限ります。

Top