ホーム > ブログ

2018年3月31日
構造

建ぺい率と容積率とは

こんにちは。

 
前回は延べ床面積と施工面積について
お話ししました。

 

今回は建ぺい率と容積率についてです。

 

 

「建ぺい率」とは
敷地面積に対しての建築面積の割合が
どのくらいなのかを示すものです。
つまり敷地に対してどれくらいの規模の建物が
建てられるのを示すものです。
地域ごとに制限が定められています。

 

 
「容積率」とは
延床面積がどれだけの
建物が建てられるのかを示すものです。
こちらも地域ごとに制限が定められています。
例えば100㎡の敷地面積があり
容積率が200%だった場合
延べ床面積が200㎡までの建物が建てられることになります。

 

物件を決める際には
必ず建ぺい率と容積率があるので
建てたい家が建てられる割合なのかを
確認することが必要です。

 

 

 

2018年3月31日
スタッフ近況

『春の絶景』

こんばんは。

 

みなさん花見には行かれました?

これは岩倉市の五条川の桜です。

 

川沿いに桜が高密度で広がってるのですごく綺麗です‼️

毎年行きますがやはり五条川のはすごいですね。

 

明日も多治見で平屋の素敵なお家の見学会やってます。

 

是非見に来て下さいね☆

 

2018年3月27日
構造

延べ床面積と施工面積とは何が違うの?

こんにちは。

 

家を調べると
延べ床面積や施工面積といったものを見かけると思います。

 

今回はその違いについて
お話しします。

 

 

「延べ床面積」とは

 

建物の各階の床の面積を

合計したものを言います。
延べ床面積は家全体の面積を
計算するわけではなく
面積として含まれない部分があります。

 

 
面積として含まれない部分として
・玄関ポーチ
・バルコニーの出幅が2m以下の場合
・床から天井までの高さが1.4m以下場合
・ウッドデッキ

以上のものが面積として含まれません。

 

 

「施工面積」とは

実際に施工した部分の面積です。
施工した面積なので
延べ床面積では除外した面積も
全て含み計算します。

 

 

 

このように
延べ床面積と施工面積で計算する面積が違ってきます!

 

 

 
延べ床面積と施工面積の違いについてでした。

2018年3月23日
スタッフ近況

『的矢牡蠣』

先日、的矢牡蠣をたらふく食べに三重県に行ってきました。

 

いや〜〜やっぱり新鮮な食材はおいしいですね

 

せっかくなのでスペイン村にも寄ってきました。

 

結構空いててくつろげましたよ☆

2018年3月22日
建築中断熱・省エネ

進捗物件:Ⅰ様邸『セルロース工事』

こんばんは

 

今回は一宮市でセルロース工事を行いました。

 

吹き込んだヶ所全て確認し密度も確認してバッチリでした。

良いお家になるように一歩一歩進んでいます。

 

今週末にも平屋の良いお家の内覧会を多治見市で開催させて頂きます。

ぜひお越しくださいね😁

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ

Top