fbpx
  • モデルハウス来場予約
  • お問い合わせ
  • オーパススタイルは施工力5年連続日本一

自然素材が心地よい2階リビングのお家

岩倉市白山

今回ご紹介するお家は「自然素材が心地よい2階リビングのお家」です。

まずは外観のご紹介です。
今回は、敷地面積 32.45坪、延床面積29.5坪の2階リビングのお家。
限られた土地と、南側には高い建物がある条件下で、いかに豊かで快適に暮らせるかを追求した設計となっています。

まず、ホワイトの塗り壁に木(ラグウッド)のアクセントが加わり、ナチュラルシンプルな外観に仕上げました。
東側に雑木林をイメージしたお庭を配置し、景観も楽しめます。

駐車場は2台分確保。
横並びが難しいためL字型に配置している点も工夫の一つです。
さらに、コンクリートを打たずに自然な感じを楽しめるように設計。
植栽を施した玄関アプローチの先には、センスの良い押え縁のラグウッドの壁と玄関扉が迎えてくれます。

玄関です。
シンプルなデザインが特徴。
玄関自体はそれほど大きくありませんが、少し大きめの窓を設置することで、広く明るく感じられます。

続いて洋室です。
一般的な天井の高さが2m40cmであるのに対し、こちらの洋室は2m10cmと低めに設定されています。
しかし、天井に木を張ることで変化をつけ、高い木視率を実現。
今回のお家は、1階のすべての部屋で節のない杉板の板張り天井が採用されているため、木の温もりを存分に感じることができます。
高さや天井が安心感や落ち着きを与え、居心地の良い空間を作り出していますね。

また、2m10cmの天井にすることで、室内ドアはハイドアタイプとなり、扉を開けたときに廊下との一体感が感じられるようになっています。
これにより、空間全体が広く感じられる効果もあるんです。
さらに、窓からは外の緑が見えるようにお庭計画もされており、自然とのつながりを感じられる心地よいお部屋となっています。

水回りをご紹介します。
洗面スペースに入る入り口の垂れ壁を1m80cmと低くしました。
それにより奥行きを感じさせ、洗面スペースが別空間であることを示します。

そして、洗面台の正面には鏡があります。
実は、この鏡はスライドさせることができ、開けると窓があるんです。
同じ場所で、自然光を取り入れる窓と鏡、両方の機能をしっかりと果たしてくれます。

さらに、トイレ、洗面スペース、脱衣室、お風呂を一直線に配置した設計により、動線がスムーズで使い勝手が良いのも特徴です。

2階をご案内しましょう。
まずは、ライトコートです。
ライトコートとは、採光と通風を目的とした中庭です。
今回は、南側に高い建物があるため大きな窓がつけられません。
そこで、自然光を取り入れるためにライトコートが設けました。
ホワイトの塗り壁に反射した光が効果的に室内を明るくします。

また、壁に囲まれているためプライバシーを確保。
蛇口があるので夏にはプールなどを楽しむことができます。
都会にいながらも外の空間を楽しめるエリアですね。

ライトコートの隣は、畳コーナー。
2.5帖の小上がり畳コーナーは、座ってくつろぐことができ、ちょっとした休憩やリラックスに最適です。
また、ライトコートから自然光がたっぷりと差し込み、2.5帖と思えない明るくゆったりとした空間になりました。

続いては、リビングダイニングです。
2階リビングだからこそ実現した、開放感とプライバシーを兼ね備えたリビングダイニングです。
勾配天井が最大4m20cmと高く、1階の2m10cmの高さから徐々に天井を上げていく設計により、開放的な空間が生まれました。
1階リビングでは、叶えることが難しい設計です。

今回のお家は、南側に大きな窓を配置できない代わりに東と北に窓を配置することで十分な自然光を取り入れています。
狭小住宅など限られた条件下でも、開放感や明るさを追求しつつプライバシーを守りたい方にとって、2階リビングは選択肢としておすすめです!

キッチンです。
ウォールタイプのI型キッチン「ウッドワン スイージー」は、無垢の木を使用しており、自然な風合いが人気です。
こちらのキッチン、対面式ではありませんが、すぐ隣にダイニングがあるため、お料理をしながらも家族とのコミュニケーションが取りやすく、孤立感はありません。
それ以上に、リビングダイニングとは別の空間に配置され、生活感を感じさせない設計が嬉しいですね。
また、ウォールタイプのキッチンは、お手入れがしやすく、対面式ではあまり見られない吊り戸棚を採用しており、収納力が大幅にアップ!

さらに、2階はぐるっと回遊できる設計になっており、動線がスムーズで使い勝手が良い点も魅力です。

最後、ロフトのご紹介です。
今回のお家は、収納スペースが少ないため、居室を狭くすることなく収納を増やす工夫としてロフトが設けられました。
一番高いところで1m40cmの高さがあり、荷物を入れるのに十分なスペースがあります。

また、ロフトにはスリットが入っており、リビングの様子を見渡せるだけでなく、空気の循環も促進!
このため、荷物を収納するだけでなく、子供の遊び場やホビールームとして活用できますね。

今回のお家は、床や天井に「ノジモク 熊野杉」無垢材を使用しており、自然の温もりを感じられる仕上がりとなっています。
UA値は0.34と、高い断熱性能を持ち、エアコン1台で家中が快適に保たれる高性能な2階リビングのお家です。

********

今回の「自然素材が心地よい2階リビングのお家」いかがだったでしょうか?
限られた土地条件と南側に窓がつけられない難しい環境の中、それを感じさせない豊かに暮らす工夫が詰まった2階リビングのお家でした。

オーパススタイルでは、永く快適に暮らせる様々なデザインのお家を数多く施工しております。
オーパススタイルの家を実際に見てみたい!とお思いの方は、毎月期間限定・完全予約制で見学会を行なっておりますので、お気軽にご予約ください。

Top