fbpx
  • モデルハウス来場予約
  • お問い合わせ
  • オーパススタイルは施工力5年連続日本一

STAFF BLOG
スタッフブログ

2024/7/12

光と陰、陰翳礼讃

こんばんは。オーパススタイルの伊藤です。

なんかかっこいいですよね。「陰翳礼讃」って表現。

ちょっと言いたいだけ・・・ってのもあるんですが

さて今回は、先日京都に行ってきた件も踏まえ、

「光と陰の表現」についてお話ししたいと思います。

今回の京都研修の、数あるお題の一つが建築の認識力を強化する目的での

「陰影を学ぶ」というものでした。

日本の建築ははるか昔から「陰の世界」を主体としてきました。

我々のバイブルに、谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃」があります。

光と陰がつくる世界を目で見て学ぶにはとても良い本です。

建築関係で読んだことない・・・なんて人はいないはずですが・・・

その本の中にもありますが、我々日本人は暗がりの中で暮らしを営み、

わずかに差し込む太陽の光や室内の行灯などの淡い「光」によって生み出される

仄かな暗さや、陰影の美しさを楽しんできました。

仄か(ほのか)って表現がいいですね。

ただ、明るい。ただ暗い。ということだけではなく、私も自然光と素材のつくる

仄暗い陰影がいかに美しいかということを、京都の建物でたくさん見ることができました。

特に見てきた町屋は、中庭(坪庭)が大小二つあり、それぞれの光の入り方が異なって

とても豊かな、陰影の世界がそれぞれのお部屋につながっていました。

なんとなく心にグッとくるものがありました。

初めは少し暗いかな・・・

と感じても少しずつ目が慣れてきて、とても落ち着き心地よく感じます。

これを「暗順応」と呼ぶそうですが、これを写真におさめるという修行も同時敢行してました。

この本の言いたいことは、西洋的な部屋を明るく明るくの考え方ではなく

「陰をつくりましょう。その陰を中心とした世界を楽しみましょう」

ということなのですが、今回の研修で少しだけ理解できた気がしました。

気がしただけかもしれませんが・・・

みなさんも是非「光と陰」を意識して建築に触れてみてくださいね。

何か感じるかも。

Top