fbpx
  • モデルハウス来場予約
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ

STAFF BLOG
スタッフブログ

2022/9/20

プランとスペース『キッチン編』

こんにちは、オーパススタイル島田です。
毎日食事作りに立つキッチン。
新しいキッチンにするなら、オープンキッチン?Ⅱ型キッチン?
キッチンの形、設置の仕方で毎日の生活をワクワクしたものにしていきたいですよね。
代表的なキッチンの形と必要なスペースについてご紹介します。
I型・壁付け
壁面にキッチンを設置。
窓があれば季節や時間の変化を感じながら料理ができます。
キッチンの作業動線とダイニングへの動線を一緒にできるので、省スペース。
キッチンへのアプローチが短く年を重ねても使いやすい。
I型・対面
壁付けキッチンをLD側に向けて設置。
家族の様子を見ながらお料理ができます。腰壁の高さでオープン具合を調整。
回り込む形となるため、奥が行止まりだとアプローチ距離は長く感じますが、
キッチン動線としては省スペースにまとまりのあるプランができます。
ペニンシュラ型
コンロ側を壁付に設置。
奥行きのあるフルフラットなワークトップでコンロ側壁面にタイルを張るなど。
見せるキッチンにして気分もUP。お子様の配膳のお手伝いもしやすいです。
必要なスペースはI型対面と同じ。
アイランド型
キッチンを真ん中に。
回遊できる動線でどこからでもアプローチできる。
大勢でキッチンを囲むことが多いご家族におすすめ。
通路部分が多いので広い配置スペースが必要です。
Ⅱ型
コンロ側とシンク側を分けて配置。
I型・壁付けとアイランド型の良いとこ取り。
調理中のコンロ側とシンク側の行き来で床は汚れやすい。
いかがですか?
リビングダイニングの広さと合わせて、キッチンの形や使い勝手を考えてみましょう。

 

 

Top