fbpx
  • モデルハウス来場予約
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ

STAFF BLOG
スタッフブログ

2021/7/3

フローリング

フローリングにも代表的なもので「合板フロア」や「複層フロア」、「無垢材」等の様々なフローリングがあります。
皆さん悩まれる仕様のひとつですが、今回は簡単にそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します!
合板フロア
住宅に最も多く使われている。合板の表面に化粧シートを張り合わせたフローリング。
・メリット→反りや収縮が無垢材に比べ少なく、傷がつきにくい。柄などの種類が豊富で清掃しやすく価格も抑えられる。日焼けの経年変化は少ない。
・デメリット→踏み心地が固く、経年変化により、表面のシートが剥がれてくる事がある。
複層フロア(突き板フロア・挽き板フロア)
合板の表面に薄くスライスした無垢材を貼り合わせたフローリング。
・メリット→合板フロア同様、反りや収縮が無垢材に比べ少ない。無垢材の風合いを楽め、商品により、踏み心地の柔らかさがある物も出てきています。
・デメリット→傷に弱く、無垢材と比べると踏み心地が硬い。
無垢材
丸太から切り出した自然なままのフローリング
・メリット→材種により様々な香りや質感、風合いが楽しめる。工業製品ではないため、一点物。踏み心地が柔らかいものが多く、足への負担が軽減される。また調湿効果にも期待できる。
へこみ等の傷の補修が容易にできる。経年変化で色あいに深みがでてくる。
・デメリット→定期的な表面塗装などのメンテナンスが必要。水や傷に弱い。材種や節の有無等で金額が大きく変わる。一般的に合板フロアよりも価格は高い。
少し長くなりましたが、あくまで一例です。皆様がどんな住まい方をしたいか。によって大きく我々もご提案が変わってきます。
最近はスギ等の無垢材には一定の殺菌作用があると学術的にも発表されている事から無垢材に再注目が集まっています。
写真のような日本伝統のなぐり加工のフローリングも表情豊かでおすすめです♪
弊社でも様々な種類のフローリングを見て頂ける打ち合わせ室や各種フローリングもご用意しております。
ぜひ一度お越しください。
Top