ホーム > ブログ > 断熱・省エネ > 漆喰と珪藻土の違い

2018年3月16日
断熱・省エネ

漆喰と珪藻土の違い

 

こんにちは。
今日は漆喰と珪藻土の違いについてです!

 

 

大きな違いは
「石」なのか「土」なのかです。

 

漆喰とは
石炭石という石からできています。
石灰石を1000度以上で熱し糊で固めます。
塗ったあとは100年かけて固まっていき
最終的に石灰石へ戻ると言われています。

 
石からできているので強度に強く
燃えにくく湿気を吸ったり吐いたりと
調湿効果もあります。

 

 

珪藻土とは
珪藻の殻が堆積した土です。
堆積した土を1000度以上で熱します。
珪藻土はもともと不純物が入っているので
熱し殻の状態にします。
それを固化材で固めるのです。

 
漆喰と大きく違うのは
調湿性の高さです!
漆喰よりも高い調湿性を持っています。

 

 

 

 

オーパススタイルでは
漆喰に珪藻土を配合した
インナーコートを内装で使用しているので
調湿性に優れ、消臭や防火の効果のある
内装になります!

 

 

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
Top