• モデルハウス来場予約
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ


★モイス(耐力面材)

モイス(耐力面材)は、壁の下地材です。
呼吸性能・環境性能・デザイン性能と多機能建材として一般住宅から病院など幅広く使用されています。

 

【特長1】 地震や台風に強い

モイスは、壁面と一体となった耐力面材のため地震や台風など外からの衝撃を分散させます。

例えば、壁の耐久性を表す壁倍率。
これは壁倍率が1のと約200kgf/mの耐久があることを意味します。
この数値が大きいほど強い壁材となります。

片筋交いは壁倍率1.5に対して、モイスは壁倍率3.8と強い面材です。

 

【特長2】 防火・耐火性能

モイスは国土交通大臣認定の不燃材。
薄くても火に強く、さらに無機系材料が主な原料なので、煙や有害物質を発生しません。

 

【特長3】 湿気や虫に強い

高温多湿の日本では、湿気・結露による住宅の劣化が大きな問題です。
モイスは調湿性能がある建材のため、壁内にたまった湿気を吸収し室外に放出。
そのため、結露から発生するカビや木材の腐食も防ぐことができます。
さらにモイスの原料は無機系材料のため、カビ・シロアリの好む養分が少なく、防虫効果もあります。

 

【特長4】 断熱性能が高く快適に過ごせ省エネ

高い気密性を持つモイス。
夏の熱気や冬の冷気の侵入を防いで、断熱性能を高めより快適・省エネな暮らしを実現します。

 

【特長5】 高い遮音性

モイス(9.5mm厚)は、せっこうボード(9.5mm×2枚=19mm)と同等の遮音性があり、外からの騒音を遮って静かな環境を保つことができます。
テレワークなどが急速に普及している現代、自宅に仕事場がある方や小さなお子様がいらっしゃるご家庭などにおすすめです。

 

【特長6】 天然素材

モイスは消石灰・硅砂・バーミキュラライトなどの天然素材で作られており、シックハウスの原因となる有害物質を含みません。
壁材以外にも、粉末にすることで肥料として使われており、土に還せる暮らしに安心・安全な壁材です。

Top