ホーム > お宅訪問記 > ナチュラル&シンプルに暮らす、カラダにやさしい家

OWNER's VOICE

お客様の声
瑞浪市 K様邸

ナチュラル&シンプルに暮らす、カラダにやさしい家

自分が持っていたイメージとオーパスがピッタリでした。

家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

実家の隣にもともと土地を持っていたので、いずれは家を欲しいという思いはずっとありました。 新築しようと具体的に考え始めたのは5年くらい前からで、「この家いいね~」なんていいながらよくドライブしていたのを思い出します。 あとは、家族が増えて収納が必要不可欠になったからです。

どんな家に住みたいと考えていましたか?

奥さんが「ナチュラルでシンプルな家」がいいという思いを持っていました。床は無垢材で、壁の色は白かベージュの塗り壁、屋根はカパラス瓦、とかなり細かい所まで考えていました。あとは、色々物件を見ていくうちに、「体に優しい家」が必須条件となっていきました。

オーパスで家を建てようと決めた理由は何ですか?

自然素材、塗り壁、優れた断熱性、梁見せ天井・・・自分が持っていたイメージとオーパスがピッタリだったからです。あとは、真冬の見学会への参加です。「スリッパなしでお上がり下さい」と言われてビックリしましたが、そこでダブル断熱の効果を体感できたのが、印象的でした。

打ち合わせ中、建築中で印象に残った事はありますか?

担当の方が笑顔がやわらかい女性の方で、キメ細かくあたたかな対応をしてくれました。予算に応じて間取りや部屋の広さなどにも的確なアドバイスを頂きました。 建築中は、実家の隣に建てているというのもあり、よく足を運びました。「玄関ニッチの場所はここがいいよ!」と大工さんにアドバイスをもらったりもしました。

実際に暮らしてみていかがですか?

家が暖かいので、外に出ると「こんなに寒かったのか」と気付きます。外から家に入ると室内がほんのり暖かく落ち着きます。この地域の冬は寒さがとても厳しいので断熱性は重要です。今までは、この時期には既に石油ストーブは当たり前でしたがまだつけていません。隣の実家に住んでいる母には、「あったかいね」と言われます。実際暮らしてみて、改めてダブル断熱の効果にびっくりです。

特にこだわった場所・ポイント等はありますか?

洗面所は収納がたくさん必要でしたので、その分取り出しやすいようにオープンにしました。そして家族皆で入っても大丈夫なように広さを多めに取りました。 キッチンは、子供達の顔が見えるようにカウンターを低くしたり、吊戸棚をなくしたり、他にも細かい要望がたくさんありましたが、全て希望通りになりました。 子供達の部屋には、それぞれ好きなぬいぐるみなどが飾れるようにニッチをつけました。 ダイニングにあるカウンター下の収納です。カーテンをつければ、あっという間に収納に変わりますので、欲しい時に欲しいだけ収納に使おうと思っています。

Top