ホーム > 豆知識 > 家づくり > インテリアの購入前にチェックする3つのこと

HOUSE BUILD NOTE

家づくりの豆知識
2016年5月22日
家づくり

インテリアの購入前にチェックする3つのこと

DSC_2593

新しい住まいで生活を始める方、またはお引っ越しをご検討中の方は、これから住むお家に夢が広がってワクワクしますよね♪

その中でも一番に楽しいことは、お部屋のインテリアをコーディネートすることだと思います。

お部屋のインテリアをコーディネートすることは、ご家族のライフスタイルにも大きく影響するので重要な鍵になります。

なので新しいお部屋のインテリアを考えるとき、もしくはお部屋の模様替えをするときは自分自身を表現できて楽しい反面、理想に近づけるための選択に悩んでしまったりすることもあるかもしれません…。

 

portrait-317041

最も避けたいことは、気に入って買った家具がいざ実際に置いてみると、自分の想像していたイメージと違っていて後悔してしまうことです。

そうならないためにも、あらかじめ万全の準備をしておきましょう!

 

 

目次 - INDEX –

インテリアの購入前にチェックする3つのこと

1. お部屋の寸法確認をしておく

2. 理想を明確にする

3. 予算を設定する

 

 

 

1. お部屋の寸法確認をしておく

tape-measure-1186496

何の準備もせずに順序を飛ばして、いきなり家具や雑貨を購入してしまうことは失敗の原因の1つで、取り返しがつかないことになりかねません。

まずは、メジャーを使ってお部屋の寸法を測り、ノートに記録しておきましょう!

 

building-plan-354233-2

その際、簡単な間取り図も書き込んでおくとをおすすめします。

お部屋の寸法や間取り図があれば、購入時にお店の担当者さんにアドバイスも貰えますし、家具などの配置場所も具体的にイメージできますよね。

そして、窓や扉の寸法も確認しておくことで、家具の購入時ではスムーズに搬入経路が決まり、家具が配置できなくなるという大きなミスも未然に防げます。

 

 

 

2. 理想を明確にする

office-620817

インテリア関連の雑誌やカタログ、お部屋を紹介している住宅関係のホームページやブログには、センスが光るお部屋の写真が盛りだくさん♪

どのインテリアの写真にも主に共通することは、空間全体に統一感があることです。

 

SONY DSC

統一感があるインテリアは、家具または雑貨などの色味や素材を合わせていたり、テイストやフォルムもバランスよく調和させています。

 

DSC_6242

センスのいいインテリアには、同じ単調な色合いだけでまとめず、差し色としてアクセントをつけたり、見た目だけにとどまらず、便利さや居心地の良さにもこだわりを見せているので大変勉強になります。

そして、写真を見て「こんな部屋にしてみたい!」と思ったり、実例を参考にすることで理想が明確になり、どんなモノが必要かが具体的に決まっていきます。

自分好みの空間スタイルや、インテリア家具などを見つけていきましょう!

 

phone-1235721

また、ここ最近では、写真や動画の共有に特化したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のインスタグラムが人気を集めています。

インスタグラムは、ユーザーが投稿した写真を無料で見ることができて、キーワードを入力すれば簡単におしゃれなお部屋の写真がサクサク見ることができます。

 

もちろん、opusスタイルのインテリア写真も閲覧できますので、ぜひご活用ください。

 

OPUSスタイルのインテリア写真がたくさん見れる施工例はこちらから→

 

 

 

3. 予算を設定する

cow-1357210

ほしいインテリアがピックアップできたら、次は予算の設定です。

もちろん、おおまかで構いませんのでザックリと予算(全体で収める金額)がどのくらいになるかを決めておきましょう。

それでも、気に入っているインテリアや家具に限って…値段が高かかったたりで…あえなく予算オーバー…なんてことも。

 

portrayal-89189

自分が決めた予算内で上手にやりくりするためには、やはり妥協点も必要になります。

それを踏まえて、譲れないモノと妥協できるモノをある程度、購入前に決めておくといいでしょう。

また、それをお部屋の寸法や間取り図と連携して、ノートにリスト化して記録しましょう!

ちなみに、リストに優先順位をつけると、後で確認するときにわかりやすくて便利です。

長年使う家具や、お部屋のメインにするモノは上位にしたり、おそらく消耗品として使うモノは下位にすることが望ましいでしょう。

 

office-336368

リスト化すれば、買い忘れの防止と、リスト以外の無駄なモノを買わなくて済むので、必要最低限で収めることができます。

ぜひお役立ててください♪

Top