ホーム > コンセプト > 厳選した自然素材・建材

住まいをより良くするための厳選した素材と品質

オーパススタイルは暮らしてからの家を考え、
より快適により住みやすい家を目指して建材・素材を厳選し、
目に見えない構造の部分にも確かな品質のものを採用しています。

工法・断熱へのこだわり

double2

ダブル断熱工法

外断熱と内断熱の2つの断熱を組み合わせた工法です。内断熱材として使用されるセルロースファイバーはそれだけでも高い断熱性能を発揮します。それに加えビーズ法ポリスチレンフォームの外断熱を組み合わせることで冷暖房効果率を最大限生かし、省エネで夏涼しく冬暖かい家を実現しています。
この高い断熱性が広い吹き抜けなど自由なデザインを可能にしているのです。
高い防音性能や、内部結露を防ぐための調湿性能など断熱以外にも多くのメリットがあることも魅力の一つです。

cellulose

セルロースファイバー断熱材

新聞紙を原料とした断熱材です。高い断熱効果だけではなく、吸放湿性に優れます。(濡れた靴を乾かすのに靴の中に新聞紙を入れるのは新聞紙が吸放湿性に優れているからです。)そのため、梅雨の湿気の多い時期には湿気を吸収し、冬場の乾燥時期には湿気を放湿して家の中の湿度を調節してくれる役割を果たします。
また、隙間無くパンパンに吹き込まれるため高い防音性を発揮します。
新聞紙って燃えるんじゃないの?
と疑問に思われるかもいれませんが、ホウ素系薬剤という人体に全く影響のない薬剤を添加されているため、燃え広がることを防ぎます。神社仏閣にもホウ素系薬剤を使用しています。

lowe

Low-e 複層ガラス

オーパススタイルでは基本的にLow-e複層ガラスの採用をオススメしています。窓は熱の出入りの原因になるところです。ダブル断熱により壁の断熱はしっかりと行ったとしても窓の断熱をしっかりしないとダブル断熱の効果を最大限できません。冷暖房の効率が向上するため省エネでとっても快適なお家になります。

素材へのこだわり

nurikabe

塗り壁

オーパススタイルの家の仕上がりは塗り壁です。
目地のない外観はとても美しく、年が経つにつれ変わる表情に愛着がわきます。
ダブル断熱の外断熱にあたるビース法ポリスチレンフォームの上にメッシュとモルタルの上から仕上げの塗り壁材を塗ります。
メッシュにより外壁のクラックをより軽減しています。

muku

無垢の床材

OPUSスタイルでは基本的に床材にむ無垢の床を標準仕様にしています。
無垢材が発する「フィトンチッド」という成分によりいつでもリラックス。
家に居ながらにして、森林浴の気分を味わえます。
木の温かみを感じる無垢材のフローリングは、28mmもの厚さがあり、裸足で歩きたくなる心地よさ。
また、室内に差し込む太陽の光を和らげます。
天井は、木肌の美しい梁を現すことで、明るく開放的な癒しの空間をつくりだします。

sikkui

漆喰の壁

珪藻土や漆喰などの自然素材の塗り壁材で内装を仕上げても、実は下地に化学製品を使っていたということがよくあります。
OPUSスタイルでは、高品質の漆喰に珪藻土を配合し、下地まで100%自然素材だけで調合された内装壁材を採用しています。
ご希望のインテリアに応じて、色や塗り方をお選びいただけます。
また、土壁のようにボロボロはがれることもなく、柔らかく優しい仕上がりになります。

Top