ホーム > ブログ

2017年12月25日
断熱・省エネ

ダブル断熱で省エネ住宅

こんにちは。
ダブル断熱の8つの特徴
第最終弾の今回は「省エネ」についてです。
オーパススタイルのダブル断熱は、
省エネを実現しています!!

 

ダブル断熱によって、
“夏は涼しく冬は暖かい”家を実現しています。
そのため、出かけて家を空けても
出かける前に切った冷房の涼しい空気が保たれます。

 

 

また、寒い日の寝る前に切った暖房も朝まで残っていたりするなど
優れた断熱効果を発揮しています!
冷暖房の使用を減らせるので、地球のエネルギー使用を抑えることができ、
電気代も抑えることができます!

 

 

オーパススタイルは、
地球にもお財布にも優しい「省エネ住宅」なのです。

 

 

 

ダブル断熱の特徴を4回に分けてお話ししました。

 

 

オーパススタイルが
ダブル断熱に強いこだわりがあるのは、
「結露防止」「調湿」「防虫」「防火」「防音」
「難燃性」「安全性」「省エネ」
とさまざまな特徴があるからなのです!!!

2017年12月25日
断熱・省エネ

オーパススタイルの外断熱

こんにちは。
ダブル断熱の8つの特徴
第三弾の今回は外断熱についてです。

 

オーパススタイルの外断熱は、
フォルテを使用しています。
フォルテは、熱を逃がさない、夏涼しく冬暖かく、
住宅寿命を延ばします!
フォルテは、外壁の下地材と断熱材を一体化した
外壁材(フォルテボード)に塗り壁材(ディパネート)で
仕上げた外断熱システムです。
弾力性が高く、保温に優れた性能を持っています。

 

 

外断熱の特徴は
「安心性」「耐久性」です。

「安心性」
“国が認めた工法”なので、安心です。
※国土交通省より「外壁30分防火構造認定」「準耐火構造45分認定」
防火地域でも家を建てる事が可能です。
「耐久性」
高い弾力性により躯体の変化やクラックの心配が少なく
耐久性に優れた家を建てる事が可能です。

 

外断熱のフォルテには、
「安心性」「耐久性」の2つの特徴があるのです!!

 

 

 

 

次回は、ダブル断熱の特徴、
最後となる第四弾は省エネについてお話します。

2017年12月23日
断熱・省エネ

オーパススタイルの内断熱

こんにちは!
ダブル断熱の8つの特徴
第二弾の今回は内断熱についてです。
ダブル断熱の特徴の中でも特に内断熱は特徴的です。

 

オーパススタイルの内断熱は、
セルロースファイバーを使用しています。

繊維の一本一本が細かい空気胞のため
熱が逃げるのを防いで断熱の効果をもたらしています。

 

もともと新聞紙をリサイクルした断熱材で
地球にも優しく、木製繊維のため
水分を吸ったり吐いたりするので
「整湿」「壁内結露防止」の効果があります!

 

 

そして、
セルロースファイバーは他断熱材とさまざまな部分で違います。

 

「防火」セルロースファイバーに22%含まれている
ホウ素系薬剤によって火から家を守ってくれます。

 

「調湿」木質繊維のため、湿気を吸ったり吐いたりするので
建物は常に快適な温度を保ち、ジメジメを防ぎます。

 

「防虫」カビや虫から家を守ります。
ホウ素系薬剤により虫が寄り付かない家を提供しています。

 

「防音」外からの騒音を和らげます。
車の音や騒音を吸収し外部からの音を和らげます!
遮音効果は国土交通省からも認定を受けています。

 

内断熱のセルロースファイバーには、
「防火」「調湿」「防虫」「防音」の4つの特徴があるのです!!

 

 

 

 

 

 

 

次回は、ダブル断熱の特徴、第三弾になる
外断熱(フォルテ)についてお話します。

2017年12月22日
スタッフ近況

『恐竜博物館』

こんばんは。
先日、福井県の恐竜博物館にいってきました。

 

恐竜いっぱいいましたよ〜〜♬
なんかいろいろ動いてました^_^;

 

なにせ骨だらけでした(^_^)

なかなか迫力のある建物の造形美にも圧倒されました。

 

行ったことない方是非行ってみて下さい。
楽しいですよ

 

2017年12月21日
建築中断熱・省エネ

進捗物件:S様邸『セルロース工事』

こんばんは

 

今年最後のセルロース工事を半田市で行いました。

これで魔法瓶みたいなお家に一歩近付きました。

 

残りの外断熱を施工して魔法瓶みたいなお家の完成になります。

 

調湿効果のある魔法瓶なので住みやすい家に
なってきます。楽しみです(*⌒▽⌒*)

 

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
Top