ホーム > ブログ > 構造 > 建ぺい率と容積率とは

2018年3月31日
構造

建ぺい率と容積率とは

こんにちは。

 
前回は延べ床面積と施工面積について
お話ししました。

 

今回は建ぺい率と容積率についてです。

 

 

「建ぺい率」とは
敷地面積に対しての建築面積の割合が
どのくらいなのかを示すものです。
つまり敷地に対してどれくらいの規模の建物が
建てられるのを示すものです。
地域ごとに制限が定められています。

 

 
「容積率」とは
延床面積がどれだけの
建物が建てられるのかを示すものです。
こちらも地域ごとに制限が定められています。
例えば100㎡の敷地面積があり
容積率が200%だった場合
延べ床面積が200㎡までの建物が建てられることになります。

 

物件を決める際には
必ず建ぺい率と容積率があるので
建てたい家が建てられる割合なのかを
確認することが必要です。

 

 

 

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

Top