ホーム > ブログ > 断熱・省エネ > 結露の本性

2017年11月14日
断熱・省エネ

結露の本性

こんにちは!

 

結露は家に住んでいて一回は、
気に掛けたことがあるものだと思います。

 

 

 

 

・夏に冷たい物を入れた容器を置いておくと、
容器の周りにたくさん水滴がつく現象。

 

・空気中に含まれている水分が建物の内部や壁面、

窓ガラスなどの冷たいものに触れたときに液化する現象。

 

 

この水滴がついたり液化したりする現象こそが「結露」です。

 

 

 

結露には、表面結露と内部結露の二種類の結露があります。

 

 

表面結露は、
夏の冷たい飲み物の入ったグラスの表面に水滴がついたり
冬に窓ガラスに水滴がついたりする。

 

 

この表面結露は目に見えるものなので皆さん想像できますし、

結露のイメージを表面結露だと
思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

一方の内部結露は、

 

壁の中や床の中がジトジトとしける現象。

※壁の中や床の中がジトジトすると湿気が壁の中に入り込むので
壁の中にカビやコケが発生したり、
お子様のアレルギーの発生原因になってしまいます。

 

 

 

内部結露は表面結露と違い、
建物の内部で起こるので気付かないことが多いのです!
この目に見えない場所で起こる内部結露こそが、

 

 

 

“家を弱くする原因です”

 

 

 

オーパススタイルでは、

ダブル断熱の内断熱である
ファイバーエースにより内部結露を防げます!

 

 

 

 

 

 

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

Top