ホーム > 保証・アフターサポート

「お客様が安心して任せられる」を目指した安心の保証体制

第3者機関のチェックを標準採用!

お客様に安心して建築をまかせていただけるようにオーパススタイルのすべての建物は、 第3者期間であるハウスGメンが図面/施行状況を確認し正しく工事が行われているかをチェックします。 1つの物件の工事過程には数多くのチェック項目があります。 それを1つ1つクリアしていくことで間違いのないしっかりとした家ができあがります。 「お客様が安心して任せられる」会社をオーパススタイルは目指しています。
logo2

日本住宅保証検査機構のチェックとは?

お客様の視点に立って、専門の訓練された検査員が検査します。まず、着工前に地盤調査を行い、適切な基礎仕様を提案します。そして工事中は現場検査を通し、「欠陥のない住まい」を実現します。 検査完了後は、写真付きの報告書がハウスGメンから届きます。 建物の完成後は見えなくなってしまう基礎や構造体部分もきちんと確認できるように、検査結果はすべて写真入り報告書でお渡しします。 保証書もファイルすることができる『検査報告書ファイル』をお送り致しますので、ご自宅の履歴として保存いただけます。 その検査により、住宅の引渡しから10年間は、主要構造部と雨水の浸入を防止する部分の瑕疵については、弊社が手直し工事をし、ハウスGメンが費用サポートをしてくれます。 このように、第3者の厳しい検査を受けた安全で安心な住まいをお客様に提供していきます。 ハウスGメンに付いては、上記のハウスGメンのバナーをクリックして、ハウスGメンのホームページをご覧ください。

地盤調査 option

瑕疵(問題)を防ぐためには、まず足元を安定させることが大切です。ハウスGメンではオプションで地盤調査を行い、結果を「基礎仕様提案書」として報告・提案するサービスをご提供しています。 調査方法は、スウェーデン式サウンディング試験や標準貫入試験などがあります。 ※地盤調査等は正しい基礎設計をする為のものです。設計者により正しい基礎設計を行うことが必要です。

アフターメンテナンス

お客様のお家が完成し、お引渡しが完了してからがオーパススタイルとお客様との付き合いがスタートします。 家づくりは長くても1年程度ですが、これから住むお家5年、10年、20年と長く住んでいただきます。 その中でわたしたちがお客様のより良い生活をサポートしていくことはとても大切なことだと考えています。 お客様をずっとサポートしつづけられるよう、オーパススタイルの社員がお伺いさせていただき 万全のアフターメンテナンス体制を整えています。

お引き渡しからの点検サービス

お引渡し後3ヵ月、6ヶ月、1年、2年、3年、7年、10年といった区切りの時期に定期点検を行っています。
一緒に家づくりをしてきた馴染みの顔がご挨拶を兼ねて、困ったことは無いか、不便な点は無いかお話を伺います。

オリジナル特許・認定の取得

OPUSスタイルでは、皆様に安全、安心をお届けするために様々な特許申請、認定の取得を進めています。 ・風家【商標登録】 ・フォルテボード ・ログハウス【防火認定】 ・ダブル断熱工法【防火認定】 ・セルロースファイバー【遮音認定】 現在も様々な商品の開発、認定を取得するべく日々研究と試験を繰り返しています。
Top