ホーム > 住まいの相談室

最新情報

坪単価はいくら?

注文住宅ですと坪単価が高いイメージがありますが、オーパスの坪単価はいくらぐらいでしょうか?

標準仕様(ダブル断熱、1階・2階共に床・天井は無垢材、内・外壁を塗り壁)ですと、概算で坪53万円(税込)でご提供しております。 但し、40坪の総2階を前提としていますので、大きさや敷地形状により坪単価も変わってきます。

断熱材について

グラスウールとセルロースファイバーの違いを教えて下さい。

<グラスウール> ガラス繊維でできた断熱材で、日本で一般的に使われている断熱材です。 比較的お値打ちに施工できる為、一番広く使われています。  <セルロースファイバー> 古新聞を細かくし、ホウ素系薬剤(ホウ酸のようなもの)を混ぜたものです。 断熱性能だけでなく、防火性・防虫性・防音性・調湿性もあるのが特徴です。  当社は、内断熱材にセルロースファイバーを使っていますが、他社のセルロースファイバーですと、ホウ素系薬剤の含有量が5~15%程度に対し、当社のセルロースファイバー(ファイバーエース)は、約22%ありますので、より防火性、防虫性が期待出来ます。

外断熱とは?

外断熱とは何ですか?どのようなメリットがあるのでしょうか?

外断熱とは、断熱材で躯体を包み込む断熱方法です。
内断熱と比べ、結露が発生しにくいのが特徴です。
コストがかかるということもあり、なかなか日本で普及しませんが、ヨーロッパやアメリカでは広く使われている断熱方法です。

塗り壁について

外壁が塗り壁だと汚れやひび割れが気になるのですが・・・オーパスさんはどうなのでしょうか?

確かに塗り壁ですと、汚れやひび割れを気になさる方が多くみえます。 当社の塗り壁材は、ナノ単位の粒子で形成されており、汚れの粒子より小さい為、汚れがつきにくいものになっています。  ひび割れは、下地材が伸縮や乾燥によって割れることが原因です。 当社の下地材は伸縮を吸収してくれる「フォルテ」というものを使用している為、 ひび割れしにくくなっています。合わせてナノ単位の粒子であることもひび割れに強い要因のひとつです。  下地材の伸縮性については、オーパス尾張店3Fの実験コーナーでご体感頂けますので、ぜひお試し下さいませ。

無垢材について

無垢材は傷つきやすいと聞いたのですが、お手入れは大変なのでしょうか?

普段のお手入れは、フローリングと同じように扱って頂ければ大丈夫です。 (例えばクイックルワイパーでホコリを取る、掃除機で掃除をする、等) 素材が柔らかいということは、材内に空気層を多く含むため断熱効果が高いという利点もありますが、傷がつきやすいのが難点です。 浅い傷でしたら少しやすりで削って頂ければ、傷が目立たなくなります。

Top